iphoneニュース

30メートル離れていても受電できる!コードレス充電技術『cota』が2015年に商用化

投稿日:

Cota_R

2013年9月10日に海外で行われた『TechCrunch disrupt 2013』というイベントで、アメリカのベンチャー企業『Ossia』が『cota』というコードレス充電技術を発表しました。

コードレス充電技術とはなんなのかというと、コード付きの黒電話が携帯になりコードがいらなくなったみたいに、充電器と携帯電話を繋ぐ必要なし。

携帯の電波のようにCotaの受電可能エリア内で充電を行える技術です。

今でも、コードレス充電器みたいなのは市販化されていますが、あれとは訳が違いますよ。あれは携帯電話側に専用のカバーをつけて、充電可能なマットの上に置く必要がありますからね。そんなものとは違い、ちゃんとコードレスで充電できるんです。

現時点でのCotaの受電技術はどの位のレベルなのか?

開発者曰く9メートル離れた場所で1wを送信可能、30メートル離れた場所だと送電した電力の約10%を受電可能なんだそうです。当然コードレスなので壁などがあっても問題なく受電できます。

たしかiPhoneの充電器が5wでしたっけ。それに比べるとこれは1/5で充電能力は劣っていますが、いちいち充電器に繋がなくても良い訳で、Cotaがあれば充電という行為を考える必要がなくなりそうです。

でもCotaのコードレス受電技術ってお高いんでしょ?

新しい技術や商品は値段が高い。パソコンも誕生した当初は1台一千万円だった。ということで、Cotaもかなり高いのではと不安になってしまいます。

でも、大変お安いんです。Cotaの開発会社代表のハテムゼイン氏いわく、金額の方は100ドル、現在の為替ルートで日本円に換算すると約1万円で販売を考えているとのことです。

先端がぐきっと折れて、買い替えたりするコストを考えると、全然Cotaの方がお得でそして便利だと思います。

Cotaの市販化は2015年を想定している。充電は死語になるのか

Cotaの市販化は2015年を想定しているそうです。あと2年ですか。日本でも販売してくれるといいのですが、どうなるんでしょう。

近い将来、家の中だけでなく、町中にCotaの技術が使われ、充電という言葉が全く通じない死語になるかもしれません。

Cotaを紹介するハテムゼイン氏。動画の受信機は大きいですが、これは開発段階のモノ。技術的にもっと小さくしたり、携帯電話自体に埋め込んだりすることも可能だそうです。

記事下2017

スポンサードリンク

記事下2017

スポンサードリンク

-iphoneニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

本日3/20にアップルはiPhone向けにiOS6.1.3の配信を開始

アップルは本日よりiOS6.1.3の配信を開始しました。セキュリティ面での修正プログラムも含まれているようなので、時間がある人はアップデートをしておきましょう。 今回のiOS 6.1.3でなにが変わる …

iPadminiをKDDI(au)も販売!?

今月10月にアップルが新型iPad『iPad mini』を発表し、11月に全世界的に発売すると噂されています。 発表されるiPadminiは、ディスプレイサイズが従来のiPadより一回り小さな7.85 …

将来、アイフォンなどのスマホでドラクエ最新作が開発される可能性があることを堀井氏が明かす

今月8月2日に日本を代表するRPGの最新作『ドラゴンクエスト10』が発売されました。今回のドラクエはオンライン専用で、購入後も毎月千円のサービス料を払わなければ遊べないという仕様です。にも関わらず、初 …

iPhoneが完全に防水になる!?防水加工するサービスがmodcrewで今年の秋よりスタート!?

次のアイフォンに望む新機能として、もっとも声が大きい要望の一つに防水機能というのがあります。 現在でもアイフォンを防水させるアイテムはたくさん出ていますが、本音をいうと防水を標準装備になればいいなと思 …

iphone4s、登録用の回線がパンクし、購入不可能に!?本日の受け取りが不可能な可能性も

昨日、予約していたソフトバンクショップからiphone4sが発売日に用意出来ましたとの連絡があったので、本日朝8時にソフトバンクへ行ってきました。 家の外へ出ると天気は雨。といっても小雨が降る程度だっ …

AD

ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

dmm

アーカイブ

カテゴリー