iphoneニュース

30メートル離れていても受電できる!コードレス充電技術『cota』が2015年に商用化

投稿日:

Cota_R

2013年9月10日に海外で行われた『TechCrunch disrupt 2013』というイベントで、アメリカのベンチャー企業『Ossia』が『cota』というコードレス充電技術を発表しました。

コードレス充電技術とはなんなのかというと、コード付きの黒電話が携帯になりコードがいらなくなったみたいに、充電器と携帯電話を繋ぐ必要なし。

携帯の電波のようにCotaの受電可能エリア内で充電を行える技術です。

今でも、コードレス充電器みたいなのは市販化されていますが、あれとは訳が違いますよ。あれは携帯電話側に専用のカバーをつけて、充電可能なマットの上に置く必要がありますからね。そんなものとは違い、ちゃんとコードレスで充電できるんです。

現時点でのCotaの受電技術はどの位のレベルなのか?

開発者曰く9メートル離れた場所で1wを送信可能、30メートル離れた場所だと送電した電力の約10%を受電可能なんだそうです。当然コードレスなので壁などがあっても問題なく受電できます。

たしかiPhoneの充電器が5wでしたっけ。それに比べるとこれは1/5で充電能力は劣っていますが、いちいち充電器に繋がなくても良い訳で、Cotaがあれば充電という行為を考える必要がなくなりそうです。

でもCotaのコードレス受電技術ってお高いんでしょ?

新しい技術や商品は値段が高い。パソコンも誕生した当初は1台一千万円だった。ということで、Cotaもかなり高いのではと不安になってしまいます。

でも、大変お安いんです。Cotaの開発会社代表のハテムゼイン氏いわく、金額の方は100ドル、現在の為替ルートで日本円に換算すると約1万円で販売を考えているとのことです。

先端がぐきっと折れて、買い替えたりするコストを考えると、全然Cotaの方がお得でそして便利だと思います。

Cotaの市販化は2015年を想定している。充電は死語になるのか

Cotaの市販化は2015年を想定しているそうです。あと2年ですか。日本でも販売してくれるといいのですが、どうなるんでしょう。

近い将来、家の中だけでなく、町中にCotaの技術が使われ、充電という言葉が全く通じない死語になるかもしれません。

Cotaを紹介するハテムゼイン氏。動画の受信機は大きいですが、これは開発段階のモノ。技術的にもっと小さくしたり、携帯電話自体に埋め込んだりすることも可能だそうです。

記事下2017

スポンサードリンク

記事下2017

スポンサードリンク

-iphoneニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Let’s talk iPhone 生中継サイトのまとめ

2011年10月5日午前2時より開催予定のアップル新製品イベント『Let’s talk iPhone』の生中継サイトをまとめたものです。 Live Coverage of Apple&#8 …

楽天が近々電子書籍koboのiOS日本版をリリース?iPhoneを含め様々な端末で閲覧可能なクラウド型

楽天が近々iPhoneでkoboのIOSアプリ日本語版をリリースするようです。 このアプリをダウンロードすれば楽天で購入したkobo向け電子書籍がiPhoneでも読めるようになります。 昨年リリースさ …

no image

アップルがスティーブジョブズの追悼式にサムスンの社長を招待。訴訟問題終結となるか!?

本日開催されるスティーブジョブズの追悼式にアップルがサムスンの社長を招待したことが明らかになりました。 アップルとサムスンと言えば訴訟問題で泥沼の争いを続けている最中でもあります。追悼式の後にはティム …

アップルからシャンプーが登場!?その名もishampo※ただし中国産

アップルコンピューターからはじまり、ipodで音楽業界に進出、そしてiphoneで音楽業界に殴りこみを掛けたアップルの次の一手はシャンプー!? なんと中国の通販大手サイト淘宝網(タオバオ)にて、ish …

no image

iphoneのappleIDログインできない不具合の原因はなに!?

本日、12月16日の夕方頃、アップルIDにログイン出来ないという状態が日本のみならず全世界的に発生しました。 appストアでアプリをダウンロードしようとすると 『入力されたAppleIDが存在しないか …

AD

ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

dmm

アーカイブ

カテゴリー