iphoneニュース

30メートル離れていても受電できる!コードレス充電技術『cota』が2015年に商用化

投稿日:

Cota_R

2013年9月10日に海外で行われた『TechCrunch disrupt 2013』というイベントで、アメリカのベンチャー企業『Ossia』が『cota』というコードレス充電技術を発表しました。

コードレス充電技術とはなんなのかというと、コード付きの黒電話が携帯になりコードがいらなくなったみたいに、充電器と携帯電話を繋ぐ必要なし。

携帯の電波のようにCotaの受電可能エリア内で充電を行える技術です。

今でも、コードレス充電器みたいなのは市販化されていますが、あれとは訳が違いますよ。あれは携帯電話側に専用のカバーをつけて、充電可能なマットの上に置く必要がありますからね。そんなものとは違い、ちゃんとコードレスで充電できるんです。

現時点でのCotaの受電技術はどの位のレベルなのか?

開発者曰く9メートル離れた場所で1wを送信可能、30メートル離れた場所だと送電した電力の約10%を受電可能なんだそうです。当然コードレスなので壁などがあっても問題なく受電できます。

たしかiPhoneの充電器が5wでしたっけ。それに比べるとこれは1/5で充電能力は劣っていますが、いちいち充電器に繋がなくても良い訳で、Cotaがあれば充電という行為を考える必要がなくなりそうです。

でもCotaのコードレス受電技術ってお高いんでしょ?

新しい技術や商品は値段が高い。パソコンも誕生した当初は1台一千万円だった。ということで、Cotaもかなり高いのではと不安になってしまいます。

でも、大変お安いんです。Cotaの開発会社代表のハテムゼイン氏いわく、金額の方は100ドル、現在の為替ルートで日本円に換算すると約1万円で販売を考えているとのことです。

先端がぐきっと折れて、買い替えたりするコストを考えると、全然Cotaの方がお得でそして便利だと思います。

Cotaの市販化は2015年を想定している。充電は死語になるのか

Cotaの市販化は2015年を想定しているそうです。あと2年ですか。日本でも販売してくれるといいのですが、どうなるんでしょう。

近い将来、家の中だけでなく、町中にCotaの技術が使われ、充電という言葉が全く通じない死語になるかもしれません。

Cotaを紹介するハテムゼイン氏。動画の受信機は大きいですが、これは開発段階のモノ。技術的にもっと小さくしたり、携帯電話自体に埋め込んだりすることも可能だそうです。

記事下2017

スポンサードリンク

記事下2017

スポンサードリンク

-iphoneニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ローソンで5千円のiTunesカードが実質4千円で買えるキャンペーンを実施中。4月9日まで

ローソンでは現在、iTunesカードを購入時、いっしょにpontaカードを提示すると、ポイントが付与されるキャンペーンを実施しています。 付与されるポイントは以下のようになっています。 5千円のiTu …

アップルがiPadAirを発表。価格は51800円からで日本発売日は11月1日

本日10月23日に行われたアップルのイベントでiPadAirやRetinaディスプレイに対応したiPadminiなどが発表されました。 新しいiPadの名称はiPad5ではなくiPadAir iPad …

no image

ipad3の発表会、生中継視聴方法

日本時間で3月8日の午前3時より、アップルは最新商品の発表会を行います。 発表会の具体的な内容は明らかにされていませんが、おそらくはipadの最新商品『ipad3』になると言われています。 もしかした …

ソフトバンクとペイパルが提携。iPhoneなどにPayPalHereを装着することによりクレジット決済可能店舗が拡大

本日5月9日、ソフトバンクはペイパルと50%50%のジョイントベンチャー、PeyPal JAPANを立ち上げることを発表しました。 これにより日本のショッピングでの決済が大きく変わるものと思われます。 …

孫正義、『正道か邪道か』つぶやきの真意。ソフトバンクはiphone撤退さえありえた

ソフトバンクの社長である孫正義さんが日経ビジネスのインタビューに答えています。 現在公開されたのは2時間以上にも及んだインタビューの前半部分のみですが、興味深い発言をいくつかされています。 ソフトバン …

AD

ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

dmm

アーカイブ

カテゴリー