iphoneニュース

30メートル離れていても受電できる!コードレス充電技術『cota』が2015年に商用化

投稿日:

Cota_R

2013年9月10日に海外で行われた『TechCrunch disrupt 2013』というイベントで、アメリカのベンチャー企業『Ossia』が『cota』というコードレス充電技術を発表しました。

コードレス充電技術とはなんなのかというと、コード付きの黒電話が携帯になりコードがいらなくなったみたいに、充電器と携帯電話を繋ぐ必要なし。

携帯の電波のようにCotaの受電可能エリア内で充電を行える技術です。

今でも、コードレス充電器みたいなのは市販化されていますが、あれとは訳が違いますよ。あれは携帯電話側に専用のカバーをつけて、充電可能なマットの上に置く必要がありますからね。そんなものとは違い、ちゃんとコードレスで充電できるんです。

現時点でのCotaの受電技術はどの位のレベルなのか?

開発者曰く9メートル離れた場所で1wを送信可能、30メートル離れた場所だと送電した電力の約10%を受電可能なんだそうです。当然コードレスなので壁などがあっても問題なく受電できます。

たしかiPhoneの充電器が5wでしたっけ。それに比べるとこれは1/5で充電能力は劣っていますが、いちいち充電器に繋がなくても良い訳で、Cotaがあれば充電という行為を考える必要がなくなりそうです。

でもCotaのコードレス受電技術ってお高いんでしょ?

新しい技術や商品は値段が高い。パソコンも誕生した当初は1台一千万円だった。ということで、Cotaもかなり高いのではと不安になってしまいます。

でも、大変お安いんです。Cotaの開発会社代表のハテムゼイン氏いわく、金額の方は100ドル、現在の為替ルートで日本円に換算すると約1万円で販売を考えているとのことです。

先端がぐきっと折れて、買い替えたりするコストを考えると、全然Cotaの方がお得でそして便利だと思います。

Cotaの市販化は2015年を想定している。充電は死語になるのか

Cotaの市販化は2015年を想定しているそうです。あと2年ですか。日本でも販売してくれるといいのですが、どうなるんでしょう。

近い将来、家の中だけでなく、町中にCotaの技術が使われ、充電という言葉が全く通じない死語になるかもしれません。

Cotaを紹介するハテムゼイン氏。動画の受信機は大きいですが、これは開発段階のモノ。技術的にもっと小さくしたり、携帯電話自体に埋め込んだりすることも可能だそうです。

記事下2017

スポンサードリンク

記事下2017

スポンサードリンク

-iphoneニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iphone5は完成していた。しかし、ジョブズの一声で販売中止となっていた!?

今年発売されたのはiphone5ではなくiphone4sですが、『実はiphone5は完成していた。』という驚きの情報をビジネスインサイダーというアメリカのビジネスサイトが報じています。 Busine …

スティーブジョブズはアップルで車「iCar」を作りたかった。

※写真の車はアップルとは関係ありません。 アップルの社外取締役であったミッキードレクスラー氏が最近のインタビューの中で「スティーブジョブズはアップルで車を作ろうとしていた。」と告白しました。 ソースは …

no image

iphone4Sの販売価格、ソフトバンクは7日に発表へ

ソフトバンクはiphone4Sの販売価格を10月7日に発表することを明らかにしました。明日はiphone4Sの予約初日日でもあります。価格発表が遅ければ価格がわからないまま予約を行わなければならない早 …

no image

auの新商品一覧機種が流出。リストの中にiphone5がない理由

明日、9月26日にKDDI、auの新商品発表が行われる予定ですが、その日に発表されると見られる機種一覧がネットに流出しました。 一覧には、HTCや富士通京セラなどの新機種といったサプライズがあるものの …

iOS6のアップル製地図アプリは使いものにならない?ベーター版が公開され騒ぎに

6月11日に開催されたWWDC2012で、アップルはiOS6を今年の秋に公開することを発表しています。 iOS6の新機能は複数あるのですが、一番の目玉としては3D化されたアップル製の地図アプリが挙げら …

AD

ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

dmm

アーカイブ

カテゴリー