iphoneの説明書

たった数分で出来る、自分のソフトバンクiPhoneがプラチナバンドに対応しているかを確かめる方法

投稿日:

皆さんの住んでいる場所はプラチナバンドを受信できていますか?

『たぶん、受信してるはず。電波がよくなった気がするし…』『まだしていないと思う。』ってな感じで、ほとんどの人は確証をもてないと思います。

それならちゃんとはっきりさせちゃいましょう。今現在、手元にあるiPhoneがプラチナバンドに対応しているのか、していないのか。YESかNOなのか、それを確かめる方法があるんです。

今すぐできる。ソフトバンクのiPhoneがプラチナバンドかどうかを確認する方法

  1. WI-FIを切る
  2. 『*3001#12345#*』に電話を掛ける
  3. 『UMTS Cell Environment』を選択
  4. 『UMTS RR info』を選択
  5. 『Downlink Frequency』と『Uplink Frequency』の数値を見る

『Downlink Frequency』の数値が2937~3088ならプラチナバンドの可能性大。10562~10838ならプラチナバンドではない可能性が高い。

『Uplink Frequency』の数値が2712~2863ならプラチナバンドの可能性大。9612~9888ならプラチナバンドではない可能性が高い。

写真付きでプラチナバンドかどうかの確認方法を1から説明

最初から説明すると、まずはiPhoneの設定アイコンをタップしWI-FIをタップしてWI-FIをOFFにしてください。

次は電話アイコンをタップして、『*3001#12345#*』と入力し、発信をタップ。下記写真を参考にした方が入力ミスしづらいかもしれません。

本来なら発信を押せば電話が掛かるところですが、なんと以下のような隠し画面が現れます。

ここで『UMTS Cell Environment』をタップすると次の画面に映ります。

こちらの画面では『UMTS RR info』をタップ

上記の画面になれば『Downlink Frequency』と『Uplink Frequency』に注目。

Downlink Frequency』の数値が2937~3088、『Uplink Frequency』の数値が2712~2863になっていましたか?もしなっていたら、おめでとう!プラチナバンド対応となっている可能性が高くなります。

もしかして、Downlink Frequency』の数値が10562~10838、『Uplink Frequency』の数値が9612~9888でしたか?なら残念、まだプラチナバンド未対応です。

ちなみに私が住んでいるところは上記写真の通り、プラチナバンド未対応でした。残念。

記事下2017

スポンサードリンク

記事下2017

スポンサードリンク

-iphoneの説明書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iTunes in the Cloudの開始で具体的になにが変わったのか?

本日2/22より、アップルはiTunes in the Cloudと題したサービスを提供しました。今回はiTunes in the Cloudによって変わった部分をわかりやすく書いていこうと思います。 …

no image

iOS5.1になって変わったこと。アイフォンからのアップデート手順

iOS5.1のアップデートが先程より可能となりました。お手持ちのアイフォンをアップデートすることにより、新たな機能が使えるようになりました。 iOS5.1になって変わった機能 siriの日本語対応 フ …

アイフォンで撮った写真がフォトストリームに同期されない場合の対処方法

昨年、icloudのサービスが開始したことにより、アイフォンで撮った写真が同期しているパソコンやipadなどに自動で同期されるようになりました。 いちいち面倒なアイフォンからPCへの写真転送が自動にな …

no image

iCloud(iクラウド)で出来ることと変わること、クラウドの危険性などなど

今年の秋よりアップルはiCloudを開始します。こちらはなにも次期iphoneと呼ばれるiphone5を購入しなくてもiphone4やiphone3Gなどでもアップロードすることで無料で利用出来ます。 …

no image

iOS5になって変わったこと。テンキー入力を無効に出来る為、フリック入力で同じ文字を連続して入力しやすい

iOS5では200以上の新機能が搭載されています。その新機能の一つにフリック入力の改善があります。 フリック入力ってなに? フリック入力ってなんなの?という人の為に軽く説明すると、文章を作成する際、& …

AD

ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

dmm

アーカイブ

カテゴリー